7月14日から「家賃支援給付金」の申請受付が始まりました。
「家賃支援給付金」とは、新型コロナウィルス感染症を契機とした売上減少に直面する事業主の事業の継続を支えるため、地代・家賃の負担を軽減することを目的として、賃借人(かりぬし)である事業者に対して給付金が給付される制度です。

必要書類、概要はこちら↓

賃貸借契約書のコピーを用意し、さらに該当箇所に印を付けなければならない点が「持続化給付金」と比べて申請がやや複雑です。

弊社でも先日1社、「家賃支援給付金」の申請を支援いたしました。
賃貸借契約書に関しましてはスマートフォンやiPadで写真を撮り、画像の編集で必要箇所に印を付けたら簡単にできました。

最近またコロナの感染者数が増えてきております。対象となる事業者様はぜひこの「家賃支援給付金」を有効に活用して危機を乗り越えていただきたいと思います。
 弊社では「家賃支援給付金」並びに「持続化給付金」の申請の支援を致しております。
申請代行のお申し込みは下記フォームよりお願いいたします。