介護保険での住宅改修の工事の種類

①手すりの取り付け

②段差の解消

③滑りの防止

及び移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更

④引き戸等への

扉の取り替え

⑤洋式便器等への

取り替え

⑥その他①〜⑤に付帯

して必要となる住宅改修

支給対象者

介護保険の要支援1〜2、要介護1〜5のいずれかの認定を受けており、ご自宅(介護保険被保険者証に記載されている住所)にお住まいの方が支給対象となります。

支給額

住宅改修にかかった費用の7割〜9割が支給されます。
要支援・要介護区分に関わらず支給限度額は20万円と定められています。
20万円を超えた分については全額自己負担となります。
20万円の範囲内であれば工事を複数回に分けて行うことも可能です。

支給限度額の例外

支給限度額は一律20万円までと定められていますが、下記の条件に該当すれば、再度20万円まで利用することができます。

1.転居した場合
2.初めて住宅改修を行った時点の要介護区分から3段階以上重度になった場合